よくある質問|輸出、輸入、貿易など各種手続き代行なら株式会社スターエキスプレスにお任せください。

株式会社スターエキスプレス

  • 0666821300
  • お問い合わせ
よくある質問

カテゴリー

Q
個人貿易に気をつけて!! 貿易相談 STAR EXPRESS CO.,LTD.

最近、個人の方からのお問合せが増えております!

インターネットの普及で個人の方が直接、海外との貿易が安易に出来る時代です。

貿易知識が無いままで行うと大変危険です。思いも知らない費用が掛かったり、法律を違反する商品を貿易してしまったりします。

貿易をしてしまってからでは遅いです。

それを未然に防げる唯一の方法は貿易に精通した方や専門家に事前に確認して貿易を行うことが一番に大事なことです。

 

★株式会社スターエキスプレスでは輸出入貿易アドバス支援(30分 ¥5,500.- 税込み)で電話での対応を行っておりますのでお気軽にご連絡ください!

 

★ご連絡先は株式会社スターエキスプレスのホームページよりお問い合わせをクリックして必要事項を記載して送信して下さい。折り返し電話にてご連絡をさせて頂きます!

 

★下記のお問い合わせをクリックしてお問い合わせください。

お問い合わせ|株式会社スターエキスプレス|輸出、輸入、貿易手続き代行 (star-express.co.jp)

 

★物流の支援実績

貿易でお困りの方! スピード解決します! |株式会社スターエキスプレス (star-express.co.jp)

 

★ホームページ

株式会社スターエキスプレス|輸出、輸入、貿易手続き代行 (star-express.co.jp)

 

Q
中古品のECサイトを通じた輸出に関しての注意事項

中古品のECサイトを通じた輸出に関しての注意事項

 


 

中古品の海外への売買で注意することは、

輸出であっても中古品を販売を致すための古物商の免許が必要となります。

個人での商売では無いものに付きましては古物商の免許は必要はありませんが、

中古品を商売目的の場合は古物商が必要となりますので、

最寄りの警察署にご相談下さい。

中古品を輸出する場合であっても輸出貿易管理令、外国為替管理令等で

経済産業省の輸出許可・輸出承認が必要な商品がありますので、

貿易に精通した方に確認をして輸出を行ってください。

日本国内での中古品の輸出が出来る場合でも

相手国での中古品の輸入を禁止している場合が多いので

事前に相手国での輸入が出来るかを確認してください。

 

株式会社スターエキスプレスでは

貿易でお困りの方をサポートいたしてますので

お気軽にご連絡、お問い合わせ下さい。

↓  ↓  ↓

https://www.star-express.co.jp/contact

 


 

 株式会社スターエキスプレス 注目記事

 

ロシア経済制裁による日本への影響とは?|株式会社スターエキスプレス (star-express.co.jp)

 

ウクライナ情勢に関する外国為替及び外国貿易法に基づく措置を実施のご連絡|株式会社スターエキスプレス (star-express.co.jp)

 

役立つ商品や情報を定期的にブログで発信中!!!|株式会社スターエキスプレス (star-express.co.jp)

Q
海外向けネット販売での貿易トラブルを解決いたします。

最近、コロナ禍での

海外向けインターネット販売で貿易トラブルが多発しています。

一番多いのは貿易トラブル案件は

販売先での相手国での輸入規制で輸入出来ずに返品される事案です。

ネット販売だから何でも海外に売れる訳ではありません。

個人向け商品でも商売目的であれば日本での輸出規制も厳格に取り締まる商品もあります。

また、販売相手国の輸入規制も事前に確認して販売する事が大事になります。

また、必要な手続がある場合は事前に作成しておくことも忘れてはいけません。

 

事前に貿易トラブルを回避されたい方は

 

株式会社スターエキスプレスまでお気軽にご連絡ください!

 

様々な貿易案件に対応したサービスをご用意いたしております。

 

安心・安全の貿易手続サービスの株式会社スターエキスプレス

下記URLをクリックしてお問い合わせください。

↓ ↓ ↓

https://www.star-express.co.jp/contact/

 

Q
国際郵便(EMS)で商売目的で海外に送りたいのですがどうしたら良いでしょうか?

最近、よく国際郵便(EMS)で商売目的の商品を送りたいというお問い合わせをいただきます。

国際郵便(EMS)では信書や商売目的ではない個人贈呈用の物しか送ってはいけません。

商売目的で海外へ送る場合は金額に関わらず税関へ輸出申告をして輸出許可を受けなければなりません。

商品によっては経済産業省の輸出許可が必要な貨物がありますので輸出する前には専門家のアドバイスを受けて輸出をすることをオススメいたします。

弊社でも事前のアドバイスを行っておりますのでご相談ください!

Q
中古数値制御式工作機械を輸出する場合の注意点

■ 中古数値制御式工作機械を輸出する場合の注意点

中古数値制御式工作機械を日本より海外へ輸出する場合工作機械本体が経済産業省の輸出許可が不要なものであっても工作機械に搭載されている数値制御(NC)の役務取引の該非判定が必要となります。下記をご確認ください。


■ 数値制御装置(FANUC)非該当・該当 (判断基準)

FANUCより性能対照表を取り寄せる必要があります。FANUC 0MC, 3000C, 10Mは役務非該当、FANUC 11-MA, 15-MAは貨物、役務に該当し、16-MA, 18-MAは貨物に該当します。※今回はFANUCでのお話しです。※他社メーカーに関しましてはメーカー様にご確認ください。


輸出対処方法 (5軸マシニングセンターを輸出する場合)※例

5軸以上の数値制御が出来る中古のマシニングセンターを輸出する場合は工作機械本体、数値式制御の2つとも該当貨物となり、経済産業省の個別輸出許可、個別役務取引承認が必要となります。

該当中古工作機械を輸出する場合でメーカーに頼んでも該当証明書を発行してくれない場合や経済産業省の個別輸出許可、個別役務取引承認をしてくれない場合が多いです。

該当証明書をメーカーに頼めない場合は位置決め精度測長検査を行う専門の知識を持つ業者様に位置決め精度測長検査を依頼して位置決め精度測長検査実施後、該当証明書を発行してもらい、経済産業省の個別輸出許可・個別役務取引承認に必要な書類を作成して経済産業省へ個別輸出許可申請・個別役務取引承認申請を行こないます。

経済産業省への個別輸出許可・個別役務取引承認には必要な書類や時間がかかり専門業者に任せると費用もかかりますので輸出する場合は十分に余裕をもって行ってください。


■ 輸出対処方法 (3軸マシニングセンターを非輸出する場合)※例

5軸以下の数値制御が出来るマシニングセンターを輸出する場合でメーカーに頼んでも非該当証明書を発行してくれない場合が多くあります。

(工作機械本体の場合)非該当証明書をメーカーに頼めない場合は位置決め精度測長検査を行う専門の知識を持つ業者様に位置決め精度測長検査を依頼して位置決め精度測長検査実施後、輸出貿易管理令での法律で規定しています精度が数値以内であれば非該当となり位置決め精度測長検査を行った専門業者より精度検査書が発行されます。その精度検査書の内容を確認して項目別対比表・非該当証明書を作成していきます。

(数値制御の場合)上記のとおり工作機械本体は非該当であっても数値制御が経済産業省の役務取引の許可が必要な場合があります。

■ 数値制御は役務取引が非該当の場合 → 項目別対比表・非該当証明書を作成

■ 数値制御が役務取引に該当の場合 → 位置決め精度測長検査実施後、該当する数値制御を機械本体より取り外して輸出を行わない旨を記載した非該当証明書を作成してください。


■お問い合わせ

株式会社スターエキスプレスでは長年、全国での位置決め精度測長検査を実地検査を行って参りました。

全国での位置決め精度測長検査を実地検査を提携パートナーと協力して実施しております。

中古数値制御式工作機械の輸出でお困りでありましたらご気軽にご連絡ください。

下記のうURLまでご連絡ください。

お問い合わせ|株式会社スターエキスプレス|輸出、輸入、貿易手続き代行 (star-express.co.jp)


■お役立ちURL

役務取引承認申請サービス|株式会社スターエキスプレス|輸出、輸入、貿易手続き代行 (star-express.co.jp)

数値制御式工作機械|株式会社スターエキスプレス|輸出、輸入、貿易手続き代行 (star-express.co.jp)

該非判定・非該当証明書|株式会社スターエキスプレス|輸出、輸入、貿易手続き代行 (star-express.co.jp)

https://www.star-express.co.jp/category/中古工作機械-【売りたい】/

https://www.star-express.co.jp/category/貿易相談/

 

Q
貿易を始めたいのですがどうしていいのかわかりません?【Q&A】

【ご回答】(※日本より輸出・日本に輸入の場合)

■ 貿易を始めるにあたり貿易の知識が必要です。(インコタームズ、貿易実務等)

■ 貿易には輸出と輸入があります。

■ 商売目的で貿易を行う場合は必ず所管する税関に輸出・輸入(納税)申告をして許可を得なければ

    海外へ販売もしくは日本国内に入れて販売することができません。

■ 貿易相手・仕入れ業者の信用はありますか?

■ 支払い条件・支払い方法は?(海外送金)

■ 通関業者、港湾運送業者、運送業者の選定はお済でしょうか?

■    日本国内の税務対策は大丈夫ですか?

■ 簡単に説明させて頂いただけで上記内容はあります。


※国内のビジネスと違ってかなり海外とのビジネスはリスクが伴いますので専門家のアドバイス・サポートを受けて行うことをオススメいたします。

 

お問い合わせをいただきましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

Q
海外食品を日本に入れたいのですが詳しく教えて下さい。

海外食品を日本に輸入する場合は厚生労働省の輸入食品届の確認を受けなければ税関に対しての輸入申告を行っても輸入許可を受ける事ができません。

輸入許可を受ける事が出来なければ日本に入れる事はできませのでご注意ください。

下記の厚生労働省URL で御確認下さい。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144562.html

 

Q
バーゼル条約の輸出手続に関するお問い合わせ

バーゼル条約とは先進国から発展途上国への特定有害廃棄物を輸出を禁ずる法律となっています。

特定有害廃棄物とは http://www.env.go.jp/recycle/yugai/pdf/tebiki02_H30.pdf URLを御確認下さい。

特定有害廃棄物を輸出する場合は事前にバーゼル条約に該当しない旨の確認が必要となります。

事前に確認を致す機関は環境省または一般財団法人日本環境衛生センターの2か所のいずれかの機関に確認と承諾が必要となります。

環境省 URL : http://www.env.go.jp/recycle/yugai/

一般財団法人日本環境衛生センター URL : https://www.jesc.or.jp/activity/tabid/94/Default.aspx

確認を行う際に必要な書類といたしましては下記の書類を御用意して頂きいずれかの機関にメールをして頂き確認を致してください。

環境省に確認を致す場合は包括的に行う場合で個別確認でありましたら一般財団法人日本環境衛生センターに御確認下さい。

(御用意して頂く事前書類)

  • ① インボイス(※必須)
  • ② 輸出入契約書(※必須)
  • ③ 国内取引伝票(請求書、領収書等)(※必須)
  • ④ 貨物全体の写真(※必須 電子メール、若しくは郵送でお送りください。)
  • ⑤ 成分分析表  (鉛の溶質検査・含有検査等)
  • ⑥ 分析サンプルの写真
  • ⑦ 企業概要
  • ⑧ その他

中古製品の輸出について

中古製品(*1を除く)の輸出に際しては、「使用済み電気・電子機器の輸出時における中古品判断基準」(平成25年9月20日)を満たしていることを証明するため の資料の提出がさらに必要となります。具体的には、下記参考資料3を参照してください。

  • ① 年式・外観(破損や傷、汚れがないこと。大幅な修理が必要な場合は中古使用とは見なされない。)
  • ② 正常作動性(通電検査等を実施し、個々が正常に作動すること。使用に際しての当該電子・電気機器の作動に必要な通電用、充電用附属品が欠損していないこと。)
  • ③ 梱包・積載状態(荷姿等が適切であること。適切に梱包、積載及び保管されていること。)
  • ④ 中古取引の事実関係(契約書には、中古品の販売に関する内容(取引価格に関する情報を含む)及び部品どりされない旨が記載されていること。)
  • ⑤ 中古市場(輸入国において当該製品の中古市場があること。)

 

上記の内容での手続が完了致しましたら輸出通関手続、コンテナーバン詰め等の船積作業を行って行く事となります。

後は管轄税関に輸出申告を行って必要な税関検査を経て輸出許可となりましたら海外への輸出となります。

くれぐれも輸出した後、現地側からの積戻しが無いように宜しくお願い致します。

 

Q
医薬部外品の個人輸入について教えて下さい。

医薬部外品商品を個人使用で輸入致す場合には日本での医薬部外品の免許が無くても輸入は出来ます。

医薬部外品商品を個人輸入であっても転売目的であれば日本国内での医薬部外品の許可を取得して輸入する事となります。

事前に専門家または、厚生労働省、都道府県の薬務課に確認をしてからの輸入を行って下さい。

お問い合わせ

Q
海上運賃を安くしたいのですが?どこか良い船会社はしりませんか?

海上運賃を安くしたいのですが?どこか良い船会社はしりませんか?

弊社まで御連絡下さい!

お客様にあった船社選定から海上運賃交渉をさせて頂きます。

安心して弊社まで御連絡下さい!

 

【お問い合わせ先】

株式会社スターエキスプレス

担当者:山内、中川まで

電話番号:大阪  06-6682-1300

弊社ホームページ:https://star-express.co.jp

お問い合わせ

ページトップへ戻る