書類作成サービス|輸出、輸入、貿易など各種手続き代行なら株式会社スターエキスプレスにお任せください。

株式会社スターエキスプレス

  • 0666821300
  • お問い合わせ
書類作成サービス

書類作成サービスについて

スムーズな取引が可能です

当社のスタッフは、通関業界に長年携わっていますので、書類作成や、税関とのやりとり等も経験豊富です。税関のチェックするポイントを踏まえて書類作成致しますので、無駄な手間や、時間を減らすことが可能です。
例えば、「貿易を任せている業者がいるが、何回も書類の提出を言われて面倒だ。」とお客様より依頼があり、当社でスムーズな取引になった実績も多数ございます。

  • インボイス
  • パッキングリスト〈輸出貿易管理令に該当する貨物〉
  • 輸出許可書、輸出承認書〈他の法令に該当する貨物〉

これらのことがありましたら、是非当社にお任せください。

貿易手続きについて

輸出入の際に、税関で日本から出して良いもの、日本に入れてはいけないものを管理するために、商品と書類のチェックをします。
この際の書類が、輸出入する商品の内容が書かれた、輸出入申告書等です。
この輸出入申告書の作成が、プロでなければ難しいのです。

輸出入申告書の作成が難しい理由

  • 専門用語がわからないといけない

    CY/CFS? CHG? THC? BAF

  • 関税六法に従って
    書類を作成する必要がある

    貿易の六法全書みたいなもの

  • 書類が英語で書いてある

    専門用語だけでも難しいのに、他も英語・・・

  • 商品ごとに税金の
    計算をする必要がある

    確定申告でも税理士の方に聞くと思います。

  • 条約を把握しなければいけない

    バーゼル条約、ワシントン条約
     

司法書士や弁護士の資格と同じように、貿易に関しては、通関士という国家資格があり専門的な知識が必要です。
また資格の知識以外にも、それぞれの商品の知識、税関のチェックするポイントを把握したり、実務でしか得られないことが多いので、専門の会社に任せる方が良いと思われます。
輸出入の手続きは、是非スターエキスプレスにお任せください。

該非判定書 非該当証明

最短で発行!安心価格にて作成、メーカーなどの発行よりもコスト削減致します!

ご存知のとおり工作機械、金属加工機械はアナログからコンピュータ化に大きく変貌を遂げています。
マシニングセンタ、NC、CNCなどのコンピューター機器を輸出する際、必要になる該非判定書、非該当証明書を発行します。
日本全国どこでもOKです。

注意:こちらは非該当証明書 該非判定書 発行と通関代行業務セットでのサービスです。
非該当証明書 該非判定書のみの発行は行っておりません。弊社通関代行サービスを一緒に使って頂く事が条件です。

該非判定書 非該当証明の発行の流れ

1.工作機械を輸出する際にお客様からお預かりする情報

輸出通関手続き+運送の手配+本船手配+非該当証明料すべて一括でお見積り可能です。

  1. 輸出国先のエンドユーザー情報、機械詳細、輸出先の内容、工作機械の用途、何をどこに輸出するのかを確認します。
  2. 実際に稼働する機械である事
  3. 機械の種類(NC旋盤、NCフライスなど)、機械本体のメーカー(森精機など)、機械本体のモデルとシリアルナンバー
    機械銘板をご確認ください
  4. NCのメーカーとNCのモデル(NC画面近くに書いています。)
    NC画面近くの銘板をご確認ください
  5. 3軸数までの機械であること (輸出貿易管理令により3軸以上の機械は日本から出せません。)、(3軸以上の機械は必ず事前にご相談・お問い合わせください)
  6. 機械保管場所は最低でも発電機など電源があるところでお願いします。
  7. 機械の仕様書(カタログ)
2.上記内容を参照の上、機械の写真をお送りください。

お問い合わせの際はこちらからご連絡ください。

  • 機械全体写真(屋内で撮影ください)

  • 型式・シリアルナンバーはこのようにはっきり撮影ください

  • NCメーカー名と型式
    画像(NCメーカー:FANUC 形式:FANUC OT)

  • 機械仕様書

3.該非判定を行います

お客様から頂いた情報を基に、リスト規制、キャッチオール規制を確認後、該非判定を致します。
その結果、非該当であれば、非該当証明書を発行致します。

注意:取り扱い品目は、中古工作機械のみとなりますので他の貨物の該非判定書ではありません。

(結果が該当品である場合は、経産省に個別許可申請の手続きを確認してください。)

4.判定の結果、非該当であれば、費用の概算(または見積書)と納期をお知らせいたします

輸出通関手続き+運送の手配+本船手配+非該当証明料すべて一括でお見積り可能です。
港倉庫に入れての蔵入れバン詰も可能です。重量貨物対応の倉庫で手慣れた作業員がいますのでご安心下さい。
雨ざらしにならない天井のある、屋内の倉庫ですので、貨物の安全で安心な輸出作業が可能です。

お問い合わせ

お問い合わせ

電話

0666821300

非該当書類作成依頼書について

よくある事例

購入後に輸出できない機械だと言われて困った

輸出できる機械かどうか、事前に相談を受けることが賢明です。
購入する前にどこの国に輸出する予定なのか事前に検査や証明書の発行が必要かどうか調べるようにしましょう。
弊社では日本から輸出できる機械かどうかについての事前相談も受け付けております。
遠慮なくご相談ください。

銘板の記載が不鮮明な為、輸出をあきらめていた

機械の仕様書などから型番がわかる場合もあります。
ご相談ください。

輸出が難しい精度の高い機械がある

輸出が難しいと言われる仕様の機械であっても経済産業省に伺いを立て、経済産業省の輸出許可を受けることにより税関の輸出許可を貰えるケースも御座います。
ご相談ください。

ページトップへ戻る